RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

SURFUP島根

サーフィン情報を更新しています。
<< バリでのライフスタイル | main | 第2班到着、来り帰ったり? >>
バリ散歩&1班は最終日
0

     

     1日の始りは勿論、海から、、、

     

      クタビーチ

          クタビーチ

      30年前に初めて来て、初めて眼にした海岸

      当時はこの辺しか栄えなかった、人々はこの場所に集中していた

     

      男だけでバリ散歩 

     この日は男だけでバリ散歩 ジャラン ジャラン!

     環境や文化に適応し始めたきた! 自然な笑顔が溢れている 

     

      ハードロックカフェ

     海岸通りにある『 ハードロック カフェ

     左側のインフォメーションボードに注目して下さい!

     今では、ほとんど見なくなった?『 カセットデッキ 』そもそも

     カセットデッキて、知ってますか?

      

     

     第1班はあっという間の最終日へ、、、

     

      スランガン  

     スランガン、サーフポイント

     このポイントは近年に発見された、観光客と人口が急増した結果

     ゴミ処理問題が急浮上して、埋める事になり発見された

     大自然と人間との折り合い方は、大切なテーマ

     

      スランガンのワルーン

     スランガンの砂浜にあるワールン

     こんな風景が私にはしっくりくる!一昔前のバリのサーフポイント

     に当たり前にあるローカル食堂、手軽に寝れる簡易的ベットもあるよ

     昼食後には、ウトウトよく昼寝していたなぁ〜

     

      ブレーク スランガン

     最左のアウトサイドのブレークでサーフィン

     このポイントは流れが早く、複雑なカレントが発生しやすいので、

     要注意!! 中級者〜上級者向けでだと思います 

     

      新米ドライバー

     総勢10名、サーフボード6本 車が二台必要となり、、、

     S氏が雇ってきた新米ドライバー 英語も日本語も全く出来ない!

     久しぶりに自身がガイド役に、道もあまり分らない様だった?

     34歳で既婚、二人の子持ち、とても真面目なバリ人だった

     

     楽しい時間は儚く、あっという間に過ぎていく

     この日の夜が、第1班の帰国日!

     

      サテ カンビン 

     締めくくりにはやっぱり、『 サテ,カンビン 』&『ナシ,プティ

     山羊のレバー&肉の串と、肉出汁たっぷりのスープと白米

     美味しいし、疲労回復の逸品です!

     マイ家族は、夏バテすると全員で好んで食べる、マストフード!

     

      1班最後の晩餐

     第1班、バリサーフトリップ最後の晩餐

     なんとなく、皆さんの表情と言動が冴えない気がする?

     旅行中の疲れか、夢のよう時間から現実へと引力が働き始めたか?

     私は送る側で好かったと、実感していた瞬間だったかもしれない!

     

     

     バリ島サーフトリップ第1班内、5名の皆さん

     充実した楽しい旅行になったでしょうか、至らぬ点も多々あったと思

     いますが、是非次回もご一緒しましょうね!

     ご協力、誠に有難うございます。大変お疲れさまでした。 感謝

     

         仲間、バリ、サーフィン最高です!   

     

          

     

      

      

        

     

     

     

        

      

    | - | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.surfup-94.com/trackback/867437